脱毛ラボホームエディションの口コミ|家庭用脱毛器の効果やデメリットは?

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の脱毛ラボホームエディションについてまとめです。

✅ 脱毛ラボの口コミや評判を確認したい
✅ 脱毛ラボのメリット・デメリットを知りたい
✅ 他の脱毛器との違いや比較を見たい

上記のような場合は参考にしてください。

脱毛ラボの脱毛器 の良い口コミ・評判、メリット

脱毛ラボホームエディションの良い口コミや評判、メリットについてです。

業務用並のパワーで効果の評判が良い

脱毛サロン並のパワーがある脱毛器

脱毛ラボホームエディションは大手脱毛サロンの脱毛ラボが考案した脱毛器であり、効果についても良い評判が見られます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

毎度久しぶりの投稿は脱毛器! . . 実は、サロンにて全身脱毛をしよう!と試みて契約?したもののコロナの影響を受けなかなか行けず😭 家庭用脱毛器を購入しました😂 家庭用って効果あるの?痛みは?とドキドキでしたが使用感が良いのでレビューします👍🏻 . まず効果について! 購入して3回ほど(約2週間に一回のペースで)使用しましたが確実に毛量が減ったし生えるスピードが遅くなりました!!! . 痛みについて! レベルがいくつかあるのですが最高レベルにしてもほとんど痛みを感じません👍🏻 肌が薄い箇所や乾燥している箇所は痛いというより少し熱いという感じ。 私的には熱いと冷たいが同時に肌にあたる感じ(冷却機能があるため)が苦手ですが笑 それはサロンに行っても同じなので我慢😂 . 他に良いなと感じた点は、 冷却機能がついているので保冷剤をあてる手間が省けるところですかね👍🏻 . 気軽に試せるお値段ではないのでゴリゴリには推しませんが私は買ってよかったと感じました😊💕 . #脱毛ラボ #脱毛ラボホームエディション #家庭用脱毛器 #脱毛器 #脱毛器レビュー #ムダ毛 #ムダ毛処理 #ムダ毛ケア #セルフ脱毛 #おうち時間

AKACHAN(@akaneiro73)がシェアした投稿 –

脱毛ラボホームエディションは業務用並のパワーを持つ脱毛器であり、そのパワーは12ジュールという具体的な数値を公開している脱毛器です。

他の脱毛器はパワー部分については具体的な数値を公開しているものは少ないため、脱毛ラボホームエディションは脱毛パワーの部分において、他の脱毛器よりも高い信頼性があると言えます。

冷却クーリング機能がついている

1ショットあたりの値段がとにかく安くてコスパが良い

脱毛ラボホームエディションは冷却クリーニング機能がついている点が大きなメリットであり、この点に関して良い評判が見られます。

通常、家庭用脱毛器を使う前は保冷剤や冷却パックなどで肌を冷やしてから脱毛しますが、この作業が意外と手間という意見は少なくありません。

脱毛ラボホームエディションは、この脱毛前の冷却の手間を省いてくれるメリットがあります。

他の脱毛器を見ても冷却機能がついているのは比較的珍しく、脱毛ラボホームエディションの大きな魅力の一つと言えます。

脱毛ラボ ケノン ラヴィ
冷却機能 × ×

顔やVIOにも使用できる

顔やVIOにも使用できるのが良い

脱毛ラボホームエディションは顔やVIOにも使用することができる特徴もあります。


家庭用脱毛器の中にはIラインやOラインには推奨されないものもあり、その場合は使用する場合は自己責任となります。

しかし、脱毛ラボは公式サイトにおいても顔やVIOが利用部位として明記されているため、安心して使用できます。

脱毛ラボの脱毛器 悪いコミ・評判、デメリット

脱毛ラボホームエディションの悪い口コミや評判、デメリットについてです。

カートリッジの交換ができない

カートリッジ交換式じゃないので買い替え時は本体ごとになる

脱毛ラボホームエディションはカートリッジ交換式ではなく、この点は照射回数を使い終わった際は、本体ごと買い替えになるという面でデメリットと言えます。

ただし、カートリッジ交換式でない点は、部位や強さによってカートリッジを交換する手間がないというメリットにもなり得ます。

また、全身脱毛300回分のショット数があるため、頻繁に買い替える必要はありません

一人で使用する場合は10年単位で利用できる計算となるため、カートリッジが交換できないデメリットはあまり大きくないと言えるでしょう。

照射面積は広くない

他の脱毛器と比べると照射面積は広くない

脱毛ラボホームエディションは1回の照射面積はそこまで広い方ではありません

脱毛ラボの照射範囲は4.2cm2 (1.36×3.06)とされており、狭いわけではありませんがより広範囲の脱毛器もいくつかあります。

脱毛ラボ ケノン LAVIE
照射面積 4.2cm2  (1.36×3.06) 9.25cm2 (3.7×2.5)
(エクストララージ)
6cm2 (3×2)

ただし、脱毛ラボには脱毛効率をあげる機能として、1秒毎に連射できる連射モードがあります。

この連射モードを使うことで全身が15分程度で完了するため、照射面積の広さのデメリットはあまり感じないと言えるでしょう。

値段が高い

脱毛ラボの脱毛器は値段は高い

脱毛ラボホームエディションの値段は安いとは言えません


他の家庭用脱毛器と比較してもやや高い価格設定となっています。

脱毛ラボ ケノン ラヴィ
価格(税込) 71,478円 69,800円 54,780円

ただし、その値段を考慮してもおすすめという口コミもいくつか見られます。

家庭用脱毛器は日常生活で継続して利用する部類のアイテムとなるため、家電製品などと同様にやや値段が高くても高性能のものを選ぶ方が、後々考えるとコスパが良かったということになります。

冷却機能や連続照射機能などの機能面を考慮すると、値段に見合った価値がある製品と言えるでしょう。

脱毛ラボの脱毛器 口コミのまとめと他社との比較

良い口コミとメリット
・業務用並のパワーで効果の評判が良い
・冷却クーリング機能がついている
・顔やVIOにも使用できる
悪い口コミとデメリット
・カートリッジの交換ができない
・照射面積は広くない
・値段が高い

主な家庭用脱毛器との比較は以下の通りです。

脱毛ラボ ケノン ラヴィ
脱毛方式 フラッシュ フラッシュ フラッシュ
価格(税込) 71,478円 69,800円 54,780円
照射面積 4.2cm2  (1.36×3.06) 9.25cm2 (3.7×2.5)
(エクストララージ)
6cm2 (3×2)
ショット数 30万 300万
(レベル1)
10.5万
(レベル1)
カートリッジ交換 なし 有り 有り
冷却機能 × ×
使用部位 全身(顔、VIO含む) 全身(顔一部、VIO一部除く) 全身(顔、VIO含む)

脱毛ラボホームエディションは脱毛サロンの展開する脱毛ラボが考案した脱毛器であり、家庭用でありながらサロン並のパワーがあるのが特徴です。

価格はやや高めの設定となっているものの、その高いパワーと冷却機能などの特徴から値段に見合う製品と言えます。

また、他の脱毛器との比較では照射面積がやや狭くなっていますが、連射機能により全身脱毛が15分程度で完了できるため、大きなデメリットではありません。

トータルで考えると脱毛ラボホームエディションは非常にコスパが高い製品と言えます。

なお、これから来夏シーズンに向けた注文爆発的に増えてくる時期に差し掛かります。現時点ではまだ在庫がある状況であるため、購入を検討する場合は12月の今のタイミングがかなりおすすめです。

\脱毛4点セットのキャンペーン中/脱毛ラボの公式サイトを見る

※公式サイトにて1年間の無償交換期間があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました